『菜月會』×ちゃこちゃん先生★本当の七夕のお節句を愉しむプチ茶会

  • HOME »
  • 『菜月會』×ちゃこちゃん先生★本当の七夕のお節句を愉しむプチ茶会

以下フェイスブックより抜粋させていただきました。

お茶を習っている人とも、そうでない人とも、季節のうつろいに心を寄せる、茶の湯の愉しみを分かち合いたいなと考えている、表千家流社中『菜月會』(さいげつかい)と、日本人に生まれたからには、お着物の素晴らしさをもっともっと知って欲しいと、日本の文化、日本人の暮らしの徒然を日々実践し伝道している、和装研究家の中谷比佐子先生(通称:チャコちゃん先生♡)によるコラボイベントのお知らせです!

新暦の7/7はモロに梅雨時で、天の川が見えない年が多く、「織姫と彦星も別居を経て、すわ離婚調停中か?」なんて冗談が飛び出てしまうほど。でもこれ、無理矢理新暦でお節句をやろうとするからなんですよね。今年の旧暦の七夕のお節句は、新暦では8/28。梅雨なんかには当たりませんし、残暑はあれど、見事に初秋の趣きが漂う頃です(日本の暦では、七八九月は秋。七月(今年は8/22〜)は初秋、八月(今年は9/20〜)は中秋、九月(今年は10/20〜)は晩秋。だから旧暦八月の十五夜(今年は11/4)が、中秋の名月と呼ばれるわけです)。

旧暦、陰暦、和暦、つまり月の暦に沿ってみれば、七夕の頃の夜空は、ほんのり秋の気配が流れ込み、残暑はありつつも澄んだ空気が漂いはじめ 、サラサラと笹を揺らすそよ風が、本当のお節句はこの頃だよと教えてくれます。

「売れること」が最重要のマーケティング至上主義である都会の暮らしの歩をしばし休め、日本人の暮らしにとって、“本当の”暦とは何か? “本当の”季節感とは何か? お節句の“本当の”意味とは何だったのか? 日本人の民族衣装=和装とは何か? 去りゆく夏を惜しみつつ、七夕の節句のしつらえに目を留めながら、ご一緒に考えてみませんか?

今年の“本当の”七夕の節句(の節句)は、新暦8/28。平日ですので、この少し前の土曜日の、8/26(土)に、七夕の節句のしつらえで、「本当の七夕の節句のプチ茶会」を開催します!

内容は、

①京間の方丈の茶室で、お点前を見ながらご一服。薄茶は氷水点てにて、なんと濃茶もお出しします!
しつらえはすべて、七夕の節句仕様で。このお部屋でお茶を教えております深澤の、実家に旧くから伝わる「享保花歌留多」も御覧戴けます。

②「ゆうき丸」の、掘りごたつ式なので足が伸ばせるテーブル席で、板長達による、プチ懐石。七夕の風情を込めた点心をゆったりとお楽しみください。

③「秋桜舎」主宰、和装研究家・和文化ジャーナリストの中谷比佐子先生による、「絹・麻・足袋が私達の健康にもたらす不思議な効用」「神事とお節句のこと」「旧暦にまつわるあれこれ」など、楽しくってためになる素敵な講話をお聴き戴けます。着物好きには、お蚕さんまでお飼いになっている先生の深いお話は必聴、これから着物を着たい人にとっても、いきなり本物のお話しを聴ける、いずれ貴重な体験となることと思います!

④加えまして、今回のイベントの特別付録です! お着物(又は浴衣)は持っているし、お茶会も、今回のは足を下ろせる席が多くてそんなに正座しなくていいならぜひ行ってみたいんだけど、自分で着られないの、どうしよう〜〜😭 っという方のために、「秋桜舎」の着付けの先生が、別室で、特別価格で着付けをしてくださいます!(お着物3000、浴衣2000円)
中谷先生の提唱する着付けは、とっても自然。ひとりひとりの体型に合わせてふんわりと着付けるやり方なので、一日中動き回っても全然楽だし着崩れません。もしかしたら先生が直々に着付けてくださるかもしれないチャンスです。着るお着物と下着や紐などはご用意くださいね。何を持って来ればいいのかわからない人には、持ち物リストをお送りしますよ。

①〜③の3席を、お待たせせずにスムーズにご案内できますように、お席入りのお時間を決めさせて戴きまして、36名様限定でのご案内とさせて戴きます。「一度ちゃんとお抹茶体験してみたかった」方、「実は旧暦、月の暦に興味がある」方、「とにかくお着物(又は浴衣)を着て行くところが欲しい」方(着られる方はぜひ着てきて欲しいのですけれども、とはいえもちろんお洋服でも全然構いませんよ)、単に「おいしいもの、可愛いものが大好き♡」という方、ぜひぜひお誘い合わせのうえ、お申込みくださいませ。お待ちしております!

■イベント名:第二回「本当の七夕の節句のプチお茶会」
■とき:2017年8月26日(土)
10:30~6名様
11:30~18名様
12:30~6名様
13:30~6名様
■所要時間:各回2時間半〜3時間程度
■定員:36名様
■ところ:『ゆうき丸』&茶室『禮菴』(らいあん)
東京都中央区銀座8-9-15 ジュエルボックス銀座7F
(スワロフスキーのビルの上です) 03-3574-8989
■茶券代:7700円(御食事代・税込・講話料込)※事前振込割引で、7000円(推奨)
■お申込み方法:FBで「菜月會」「深澤菜月」宛にメッセージを戴くか、もしくはsignora@la-scogliera.comまで。メールの場合は、タイトルに「8/26お茶会希望」と書いてください。そして本文に①携帯電話番号、②お連れ様の有無、お名前、③お茶歴の有無、ある方はお流派などお書き添えの上、送信してくださいませ(席次の参考にさせて戴きます)。その後、事前振込をお願いしております(当日の場合は7700)。何卒よろしくお願い申し上げます。
◼︎キャンセルポリシー:一週間前迄は無料、6日前〜4日前迄は30%、3日前〜2日前迄は50%、前日〜当日は100%(ご返金の場合、振込手数料は御負担戴きます。尚、お茶券のお譲り、代わりの方のご出席は大歓迎です)

WEBはこちら

菜月會さん
八丈島 ゆうき丸さん

電話でのお問い合わせ TEL 03-5350-4261 9:00 - 17:00 [ 土・日・祝日除く ]

PAGETOP
Copyright © 秋櫻舎 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.